Home
HomeArrow 旅行記 Arrow

2007年8月に行ったモルジブの旅行記です。バア環礁のリーティ・ビーチ・リゾートに宿泊しました。情報ページはこちらです。

 

水中写真

このときに撮影した水中写真です。

旅行前

これまで、モルジブには乾季にしか行っていなかったのですが、今年の夏は他に行きたいところもなかったので、雨季のモルジブにチャレンジしてみることにしました。2月にモルジブクルーズ(ブルーシャークⅡ)に行ったばかりなので、今回はリゾートステイにすることにして、あとはリゾートをどこにするかです。雨季のバア環礁はマンタが凄いという噂を聞き、バア環礁の中からリゾートを探すことにしました。マンタポイントは、ソネバフシかロイヤルリゾートが近いのですが、ソネバフシは値段が高すぎます。ロイヤルはデラックスクラスの値段なのですが、ダイビングが午前と午後の一本ずつで、のんびりできそうもなかったので、値段の安いリーティにすることにしました。リーティからだと、マンタポイントまでは1時間ぐらいかかるのですが、そのかわり午前中にダイビング2本をやってしまうので、午後はのんびりできるかな?との期待もありました。もう一つの期待は、ぽちたび~POCHIの旅日記~シュノーケラー・マーク一家の海と島の旅日記RAKUENへの扉の旅行記にあったサカタザメです。ダイビングでは見たことがないので、ひと目見てみたいという思いもありました。旅行前には上記3つのHPからリーティについてかなりの情報を頂きました。感謝です。

1日目

月曜発のスリランカ航空は本来は直行便のはずなのですが、なんとコロンボ国際空港の夜間離発着制限要請とやらで、コロンボ経由便になってしまいました。経由便だと、マーレ到着が遅い時間になってしまいます。リーティには水上飛行機で行く必要があるので、マーレでの一泊が必要なのですが、今回は値段の安いリラックスインホテルをとってありました。このホテルはボートで島を移動する必要があるので、少し時間がかかります。ホテルに到着した時には、すっかり遅い時間になっていたため、バタンキュー状態でした。モルジブの23時は、日本時間では夜中の3時ですからほんとに眠いです。空港と同じ島にもホテルがあって、こちらは移動時間もほとんどかからないのですが、宿泊代が少し高めになります。直行便ならさほど遅い時間にはならないだろうと思って安いホテルにしていたのですが...

2日目

リラックスインのレストランは6階にあり、眺めがとても良いのに驚きました。外を眺めていると、通勤の人達が船からどんどん降りてきています。モルジブにも通勤があるんですね。朝食は、パンと卵にジュースのみでした。まぁ安いホテルだから仕方ないですね。


水上飛行機の離陸シーン

水上飛行機の乗り場に到着すると、遅延の表示が...どうやら朝到着のエミレーツ航空が遅れているのにあわせているようです。う~ん。一刻も早くリゾートに行きたいのですが仕方ないですね。最近は、モルジブも高級リゾート化が進んでいるようで、2階は高級リゾート客用のラウンジになっていました。2001年の年末にフィリティヨに行って以来ですが、ずいぶんと変わったものです。外にはフォーシーズンズの専用の建物までありました。リーティはスタンダードクラスなので、なにもありません。スタッフに頼んで水を購入してもらいました。現地スタッフだと旅行客の半額で購入できるそうです。一ドルで500mlの水2本購入できました。水上飛行機では、荷物が後から送られることが良くあることが旅行記に書いてあったのですが、私たちは一緒に運んでもらえました。荷物は25kgづつだったのですが、超過料金もかかりませんでした。ほっと一安心です。


快晴です!

水上飛行機はソネバフシ経由でリーティに向かいました。約1時間で到着です。リーティはリゾート時間(1時間、マーレより進んでいます)を採用しているため、到着した時には既に昼食の時間になっていました。リゾートの説明などは、日本人スタッフのHIROさんがやってくれました。それにしても、雨季なのに快晴です。しかも風もほとんどありません。

部屋にチェックインした後に、昼食を食べに行きました。モルジブでは最初に決まった席の場所が、滞在中の場所になってしまいます。眺めのいい場所になることを祈りながら行くと、なんとかなり奥の方...残念です。スタッフには席が空いたら、窓際の方に移動させてもらうようにお願いしておきましたが、結局最後までそのままでした。

食事はすべてビュッフェスタイルです。かなりいろいろと並べられていて、なんかしらは食べられるものを見つけることが出来ました。スープはどれも美味しかったですが、料理そのものは合わないものもかなりありました。このあたりは人によってかなり差があるかもしれません。デザートもいろいろと並んでいます。フルーツはネーブルがとても美味しかったです。パイナップルは日によって美味しかったり、イマイチだったりしました。


きれいな色の海です

食事後に一休みしたあとに、チェックダイブを受けました。モルジブではチェックダイブは必須になっていて、マスククリアとオクトパスブリージングをやりました。水深3mぐらいのところでやったので、体が浮いてしまってとてもやりにくかったです。マスククリアは、久しぶりにやってみると、なかなか鼻から息を吐き出せなくて時間がかかりました。マスクを外していると、どうしても口から吐いてしまうんですよね。その後はハウスリーフでのダイビングです。透明度は10mあるかないかで、あまり良くないのですが、面白いポイントがありました。それはエビがたくさんいるところで、手をおいておくと寄ってきて掃除してくれます。ちょっとチクチクするのですが、やってみると面白いものです。途中で数十匹のコバンザメが川のように群れて移動しているシーンもみることができました。チェックダイブにしては、なかなか面白かったです。水温は29.6℃で56分のダイビングでした。

夕方6時から、ダイビングの桟橋で餌付けショーがあるということで、桟橋に向かいました。このショーは、リーティを選んだ理由の一つで、サカタザメが見られるのがひとつの売りになっています。少し前に桟橋に着いたのですが、すでに何匹かのアカエイがいました。6時になってスタッフが来たころには、かなりの観客と魚が集まっていました。まだサカタザメは来ていないようです。スタッフが餌を投げると、多くの魚が落ちたところにすばやく群がって餌のとりあいをしています。こんなんではエイは餌を取れないなぁと思っていると、エイはスタッフの足元に来て餌をねだっています。スタッフはタイミングを見計らって、エイに直接餌を与えていました。しばらくしてサカタザメが登場です。コバンザメを何匹かつけていました。なかなか警戒心が強いみたいで、遠くの方でうろうろしていたのですが、最終的にはスタッフの近くまで来て、餌をもらっていました。20分ぐらい餌を与えたところでショーの終了です。サカタザメは3匹集まっていました。それぞれ違う魚を引き連れています。ショーが終了するやいなや、サカタザメは沖に戻っていきました。


エイは足元で餌をねだっています

お目当てのサカタザメ

ビーチバーも賑わっていました

午後6時から7時まではハッピーアワーで、バーでのドリンクは20%OFFです。この時間帯はどこのバーもにぎわいますが、この日はビーチバーでお気に入りのバージンピナコラダを頼みました。ちゃんと生のパイナップルを使っていて美味しかったです。ビーチバーはデラックスタイプの部屋がある西側にあるバーで、この近くの部屋だと飲み物を簡単に注文できて便利そうでした。夜はやっていないので、静かです。

晴天の日だったこともあり夕日がきれいでした。その後、夕食をたべて星を眺めたあとに寝ました。雲もなく天の川がかなりはっきり見えました。バア環礁は周りのリゾートが少ないので空が明るくなくてよかったです。

3日目

午前中に2本のダイビングです。ダイビングボートは午前は8:30に出発ですが、30分前には器材を所定の場所に用意しておく必要があります。また15分まえの8:15にはボートに集合して器材のセットアップをする必要があります。リゾートの朝食は7:30からで、あまり時間がないため、朝食前に器材を用意して、朝食後は直接ボートに向かうことにしました。

ちなみに、ダイビングセンターのトイレは男女兼用ですが、レストランのとなりのメインバーの裏にあるトイレは男女別で各3室ずつあるので、落ち着いて用を足すことが出来ます。


ボートの屋根上でポイントまで日光浴しています
(日焼け大丈夫?)

一本目はマンタポイントのDhigali Haaで、ポイントまでは1時間ぐらいかかりました。透明度は10m程度しかなったのですが、それでもマンタ2匹を見ることが出来ました。とりあえず、目的のマンタは見れましたが、雨季のバア環礁はマンタ三昧という噂にしては、ごく普通のレベルで肩透かしといった感じです。リーティのダイビングはフリーダイビングなので、かなり自由に潜ることができます。ガイドについていってもいいし、自分の好みで選べます。そのためフロートとフロートにつける5m以上のロープが必携となります。ブリーフィングはかなり丁寧にやってくれます。フリーダイビングがゆえにかなり注意して聞く必要がありますね。ブリーフィングはドイツ語と英語でやっていました。

一本目終了後は、リゾートに戻りながら水面休息を取ります。このため二本目はリゾートの近くのポイントになります。二本目はKahanbu Beyruでした。途中までは、目立った魚も居ませんでしたが、後半に海がめとパウダーブルーサージョンフィッシュの群れを見ることが出来ました。


マンタ

定番のヨスジフエダイの群れ

パウダーブルーサージョンフィッシュの群れ

ボートから見たリーティ。海がきれいです

ポイントが遠かったため、リゾートに戻ったときには13:30になっていました。すかさず明日のダイビングのボードに名前を書いておきます。マンタポイント行きのボートは人気のため、油断しているとすぐに満員になってしまいます。たいてはNo.1のボートがマンタポイントでしたが、ボードを見ると次の日はNo.2のボートがマンタポイントだったので、そちらに名前を書いておきました。

昼食後にシュノーケルをやることにしました。西側は少し泳ぐとリーフからのドロップオフになります。透明度はいま一歩という感じですが、アカモンガラやテングハギなど魚影はかなり濃いです。特にデラックスとスタンダードの境目付近あたりに、ササムロ、ヒメフエダイ、ムスジコショウダイにムレハタダイの群れなどが見られました。さらに泳いで水上コテージの方に行くと砂地になります。しらばくは透明度がよかったのですが、東側まで周ると透明度がかなり落ちました。東側は三つの桟橋があってやはりドロップオフになっていますが、西側ほどは魚は居ませんが、桟橋の周囲にはギンガメアジなどの魚や、エイなどが居ました。このエイは、きっと餌付け待ちなのでしょう。この辺りで疲れてしまったので、あとは歩いて部屋に戻りました。一周はさすがになかなか大変そうです。

この日の夕方は、プールサイドバーで無料カクテルパーティがありました。行ってみるとかなりの数のゲストが集まっています。やっぱり無料だと人が集まるんですね~。同じ飛行機で日本から来ていた男性二人組みの方(ここからはS&Iさんとさせていただきます)が、すごい数のつまみを持ち込んで、スタッフのHIROさんと飲んでいたので、ご一緒させていただきました。それにしても、こんなにいろいろと持ってきて、重量制限は大丈夫だったのでしょうか?

4日目

今日も快晴です。昨日までは風もほとんどなかったのですが、少し風がでてきたかなという程度です。ほんとに雨季なんでしょうか?海もおだやかでボートはまったくといっていいほど揺れません。この日はNo.2のボートだったですが、こちらはNo.1のボートよりも少し小さめのようです。両方ともトイレはあるのですが、No.2の方はけっこう狭く、出入りもスタッフの補助が必要です。

一本目はマンタポイントのDegaa Thilaです。根(Thila)が二つあるポイントなのですが、そのポイントの間とクマザサハナムロとヨスジフエダイの群れがいました。カスミアジがクマザサにアタックしていていました。カスミアジもアタック中はダイバーが気にならないらしく、目の前を通過していきます。後半は根の上で待っていたのですが、そのうちにマンタが来てくれてダイバーの真上を何度もホバリングしてくれました。かなり近くまで寄れて満足の行くダイビングでした。ただ透明度はやっぱり10m程度でした。バア環礁はリゾートやクルーズが少ないせいか、ポイントが空いているのが嬉しいです。三日間のダイビングで他のボートと一緒になることはありませんでした。


まるで飛んでいるみたい?

いろいろな魚が群がっています

超接近!

二本目はリーティの近くまで戻ってMedu Faruでのダイビング。二本目は目立った魚もいなく、どうしても低調なダイビングになってしまいます。


パラソルとデッキチェアが目の前にあって便利です

午後はビーチのデッキチェアでのんびりしました。リーティのデラックスルームは、部屋の前にブランコがあり、ビーチには各部屋に用意されたパラソルとデッキチェアがあります。パラソルは大きくて日差しをしっかりとブロックしてくれます。デッキチェアは木製でサイズもゆったりしていて、さらにマットもあるので、すごく気持ちがいいです。気候についても、晴天+微風ぐらいで、とても快適でした。デッキチェアが部屋の前にあるので、ちょっと物を取りに行くときや、冷蔵庫に水をとりにいくときなど便利です。なんといっても、場所取りとか気にしなくていいのが疲れなくていいですね。

この日、S&Iさんがカタマランで、マンタの数十匹の群れを見たそうでした。それもリーティリゾートのすぐ近くで。こんな近くでマンタ見れるのなら、ボートであんな遠くに行く必要があるのかなぁとおっしゃっていました。確かに!でも、それは単に運が良かっただけでは...


きれいな夕日。いつまでも見ていたくなります

この日は夕方に再び餌付けショーを見に行きました。この日もサカタザメが来ていました。日によって1匹だったり3匹だったりするようです。観客も30名ぐらい集まっていたでしょうか?その後、水上コテージの近くにあるサンセットバーで、ハッピーアワーのノンアルコールカクテルを飲みました。なかなかいい雰囲気です。隣のテーブルでは、ハッピーアワーで飲み物を飲みながら、ダイビングのログ付けをしていました。リーティのダイビングセンターでは、特にログ付けの時間を設けていないので、各自でやる必要があります。

5日目

ダイビング三日目の一本目はNelivaruでした。大きな根のあるポイントで、マンタポイントだったのですが、マンタはでませんでした。最後の方で、小魚にアタックするカスミアジ、ロウニンアジ、イソマグロを見ました。イソマグロはなかなか近づいてくれません。

二本目はKihaadhoo Thilaでした。こちらも大きな根で、一周するとけっこう大変と聞いていたのですが、泳いでも泳いでも目立った魚には出会えず、結局一周してしまいました。大きな群れが根から少し離れたところにいるようなのですが、透明度が良くないのでほとんど見えません。


今日も快晴

戻ってきてから翌日のダイビングの予約をしたのですが、明日はどちらもマンタポイントではないということだったので、キャンセルして無人島ピクニックの予約に変更しました。無人島は周囲に4つあって、どれかを選ぶことが出来ます。シュノーケルをするならThiladhooがお勧めということだったので、Thiladhooで予約しました。無人島ピクニックはレセプションで予約するとランチつきですが、ウオータセンターで予約するとランチなしを選ぶことが出来ます。

最初にウオータセンタに行ったところ、Dandhoo以外は予約が入っていて、いけないという説明だったのですが、レセプションに確認するとすべてOKとの返事が。またクーラボックスの予約はレセプションでやってくれとのことだったのですが、レセプションに聞いてみるとそんなはずはないという返事。このあたり、最後まで話しがかみ合っていませんでした。


キャンドルライトディナーでは焚き火がたかれます

この日はキャンドルライトディナーでした。これはリピータ、ハネムーンもしくは結婚記念日が滞在中であれば、無料で受けられます。毎日、五組ぐらい参加していたので、かなりリピート率が高いのではないでしょうか?キャンドルライトディナーはコース料理になっていて、あらかじめ種類を選んでおく必要があります。二人で違うコースにしてもOKだったので、シーフードとミートでオーダしておきました。味の方はまぁまぁといった感じでした。量は結構あります。料理がでてくるのに、時間がかかるので、19:30からスタートして、終わったのは21時過ぎぐらいでした。

6日目

とてもきれいな、無人島のビーチ

この日はダイビングはせずに、午前中に無人島に行きました。事前の旅行記でボートが水没するという話を聞いていたので、どきどきしていたのですが、このときはカタマランでした。Dandhooにはパラソルがあることがわかっていたので、Thiladhooも当然あるものと思っていたら、カタマランに乗った後に実はないといわれびっくり!行ってみると木陰があったので、なんとかなりましたが。デッキチェアと網の椅子が置いてありました。

到着した直後に、わずかに雨が降りましたがその後は快晴に戻りました。無人島だけでなく、リーティはとてもきれいな島で、いろいろと写真にとりたくなるような場所があります。まさに南国の楽園という感じです。


ムレハタタテダイだらけです

早速、シュノーケリングをしてみるとドロップオフ付近には多くの魚がいます。デッキチェアがあった場所のちょうど反対側あたりまで差し掛かったときに、流れが逆向きで波も高くて非常に進みにくくなりました。なんとかがんばってリーフ先端付近までいくと、なんとムレハタダイの群れがいました。どこまでにムレハタダイという感じで、しかもシュノーケラーのすぐ近くで泳いでいます。モルジブはほんとに魚影が濃いですね。シュノーケルでこんなシーンがみれるのですからたいしたものです。その後、さらに泳いで、最終的には島を一周しましたが、ちょっと距離があるのでお勧めは出来ません。一周するのに一時間以上はかかりました。

夕方に、シュノーケラー・マーク一家の海と島の旅日記のマークさん一家とお会いしました。ちょうどマークさんたちもリーティに来てらっしゃったのです。ハッピーアワーで飲み物を飲みながら、いろいろなお話を聞かせていただきました。マークさん達は、とても感じのよいご家族で、おかげで楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました。

7日目~帰国

きれいな海と空でした

いよいよ最終日。この日も晴天です。雨季なのに全日程晴れというのはかなり運が良かったと思います。GWのサムイ島はベストシーズンだったのに、最終日以外は雨でしたから、天候はほんとに運ですね。そして、旅の印象も天気によってかなり違ったものになるのも事実。今回の旅行は、かなり印象が良かったのですが、それもこの天気のおかげかもしれません。(逆にサムイ島はもうしばらくはいいやという気になりました)

リーティでは、次にチェックインの予定がない場合には、無料でレイトチェックアウトに対応してくれます。私達のときにも、飛行機の出発15分前まで部屋が使えて大変助かりました。デッキチェアでのんびりしながら、シュノーケルなどをして楽しみました。

最終日は昼食がつかないので、桟橋にあるカフェレストランで食べました。料理はメインレストランから運ぶので、オーダしてから料理が届くまで少し時間がかかりました。

ここでお気に入りのバージンピナコラダを注文したところ、他のバーとはかなり違うものがでてきました。どうやら単にココナッツドリンクとパイナップルジュースを混ぜただけのようでした。他のバーではカットしたパイナップルを使っていたのに。しかもなぜか値段が高い...

マーレまでの水上飛行機は予定より1時間遅れての出発となりました。まぁマーレで時間を過ごすよりは、リゾートで過ごす方がいいですよね。

成田への帰りは直行便で、定刻どおり出発しました。マーレの空港の5番ゲートからの出発だったのですが、ボーディングを開始してから、まずは別部屋で待機することになります。この部屋が非常に寒かったです。冷房の効きが良すぎです。南国ということで薄着だったので、待っている間に風邪を引きそうでした。みなさん気をつけてくださいね。ボーディング時に荷物のチェックを受けますが、ここまでは飲み物を持ち込めます。飛行機に乗ってからはずっと寝て日本に帰ってきました。

リーティは、スタンダードクラスの値段ですが、部屋も広し、デラックスならデッキチェア(しかもマットつき!)とパラソルもあるので非常に良いです。海もきれいで、絵になる風景が広がっています。ダイビングはいま一歩でしたが、とても満足のいく旅行でした。ただこの満足も晴天続きだったおかげなのかもしれません。天気って重要ですよね。

Top
Spacer