アカシュモクザメ
和名
Sphyrna lewini (Griffith & Smith, 1834)
学名
Scalloped hammerhead
英名
メジロザメ目 - シュモクザメ科 - シュモクザメ属
分類
全海域
分布
全長
拡大写真
Nikon NIKONOS V
撮影地:ガラパゴス(エクアドル)
ダイビングでハンマーといえば、この種です。ダイバーに最も人気のある魚の一つです。ときおり大きな群れを作ります。世界中のダイビングサイトで見られますが、近くで見られるところは限られます。日本では沖縄の与那国や、伊豆の神子元が良く見られるポイントとして有名です。どちらかというと危険な種とされています。ときおり海水浴場に現れて、海水浴場が閉鎖されてしまうこともありますが、ダイビングでは警戒心が強く、近づこうとするとすぐに逃げてしまいます。
体をくねくねさせて泳ぐ姿は、見ているとうっとりしてしまいます。
低めの水温を好むようで、水温が高い地域では50mなどの相当に深いところにいることもあります。水温が低くなってくると浅いところにくるようです。
最大で4mぐらいになります。シュモクザメには他にもヒラシュモクザメなどがいますが、この種は頭の部分がでこぼこになっているところから区別できます。

Image1