ニタリ
和名
Alopias pelagicus Nakamura, 1935
学名
Pelagic thresher
英名
ネズミザメ目 - オナガザメ科 - オナガザメ属
分類
インド洋、紅海、中・西部太平洋、東部太平洋
分布
全長
拡大写真
Sony NEX-5
撮影地:マラパスカ(フィリピン)
長い尾が特徴のサメで、ダイビングで見られるのはかなり稀です。フィリピンのマラパスカ島で見られることが知られていて、この写真もマラパスカ島での撮影です。
ニタリが属するオナガザメ科には、他に2種類のサメがいますが、ニタリはその中で最も小さく胸ビレに丸みがあるところから区別できるようです。
海外のダイバーからは、オナガザメ科の英名のトレジャーシャーク(Thresher Shark)と呼ばれていて、特に区別はしていないようでした。
稀にしか見られないサメで、長い尾という目立つ特徴があるだけに、ダイバー憧れのサメの一つと言えると思います。