(ブルースポットスティングレイ)
和名
Taeniura lymma (Forsskål, 1775)
学名
Bluespotted ribbontail stingray
英名
トビエイ目 - アカエイ科 - マダラエイ属
分類
インド洋、紅海、中・西部太平洋
分布
全長
拡大写真
Nikon NIKONOS V
撮影地:シャルムエルシェイク(エジプト)
青の斑点があるところがヤッコエイと似ていますが、こちらは斑点が全体に広がっています。
マラトゥア(インドネシア)ではよく見かけました。ダイビング中も何度か見かけましたが、シュノーケリングではさらによく見かけました。シュノーケリングで見かけたときには、警戒心が高くて近づくと一目散に逃げていきました。
仮称としてアオマダラエイ(サメガイドブックによる)などがあるようです。サイトによってはルリホシエイと呼んでいるところもありました。リーフスティングレイとなっている場合もあります。