マダラトビエイ
和名
Aetobatus narinari (Euphrasen, 1790)
学名
Spotted eagle ray
英名
トビエイ目 - トビエイ科 - マダラトビエイ属
分類
全海域
分布
全長
拡大写真
Nikon NIKONOS V
撮影地:バタラ(モルディブ)

拡大写真
Sony α6000
撮影地:リーティ(モルディブ)
斑点がとても美しいエイです。ダイバーに人気があり、ガイドも見つけると教えてくれます。
ダイビングおよびシュノーケリングでも観ることが出来ます。ダイビングでは流れがあるところで見かけることが多いです。群れをなして流れの中でホバリングしている姿はとてもきれいで、最高の被写体の一つです。しかしながら、警戒心が強く、近づこうとするとすぐに逃げてしまうため、なかなかうまく撮影することができません。単独で見かけることもよくあります。
通常は上の写真のように尖った口をしていますが、海底で餌を探しているときには下の写真のように広がった口になります。
写真ではいずれも尾の長さが体の長さぐらいしかありませんが、個体によってはもっと長い尾を持っていることもあります。