マダラトビエイ
和名
Aetobatus narinari (Euphrasen, 1790)
学名
Spotted eagle ray
英名
トビエイ目 - トビエイ科 - マダラトビエイ属
分類
全海域
分布
全長
拡大写真
Nikon NIKONOS V
撮影地:バタラ(モルディブ)
斑点がとても美しいエイです。ダイバーに人気があり、ガイドも見つけると教えてくれます。流れがあるところで見かけることが多いです。群れをなして流れの中でホバリングしている姿はとてもきれいで、最高の被写体の一つです。しかしながら、警戒心が強く、近づこうとするとすぐに逃げてしまうため、なかなかうまく撮影することができません。単独で見かけることもよくあります。通常は1~1.5mぐらいの大きさです。