コクテンサザナミハギ
和名
Ctenochaetus binotatus Randall, 1955
学名
Twospot surgeonfish
英名
スズキ目 - ニザダイ科 - サザナミハギ属
分類
インド洋、中・西部太平洋
分布
全長
拡大写真
Nikon 1 J1
撮影地:コモド(インドネシア)

拡大写真
Sony α6000
撮影地:ティケハウ(タヒチ)
顔の部分には小さな斑点があって、頭から尻ビレの方向に細かい線が多数あります。背ビレ後端の付け根と、尻ビレ後端の付け根に黒い斑点(部分)があるのが特徴です。若魚は尾ビレが黄色になります。
サザナミハギと似ていますが、コクテンサザナミハギは上記のように黒い斑点があるところから区別できます。
下の写真は若魚のもので、黄色の尾ビレが特徴です。