(ロングバーベルゴートフィッシュ)
和名
Parupeneus macronemus (Lacepède, 1801)
学名
Long-barbel goatfish
英名
スズキ目 - ヒメジ科 - ウミヒゴイ属
分類
インド洋、紅海、中・西部太平洋
分布
全長
拡大写真
Nikon 1 J4
撮影地:アイランドサファリ2(ダイブクルーズ-モルディブ)

拡大写真
OLYMPUS STYLUS SH-1
撮影地:プララン島(セイシェル)
目をとおる一本の黒い線と、尾ビレ付け根の黒い斑点が特徴です。黒い斑点と黒い線の間には白い部分もあるのですが、元々の体色も白いこともあって、この写真では不鮮明になっています。
モルジブではよく見かけますが、警戒心は高めですぐに逃げていってしまいます。
一本の黒い線があるところがオオスジヒメジと似ていますが、こちらの方が線が太い、体がスマート、オオスジヒメジの方が一回りぐらい大きいなどの違いがあります。
時折、下の写真のように体色を赤くすることがあります。