(ローランドダムゼル)
和名
Chrysiptera rollandi (Whitley, 1961)
学名
Rolland's demoiselle
英名
スズキ目 - スズメダイ科 - ルリスズメダイ属
分類
インド洋、中・西部太平洋
分布
全長
拡大写真
Sony NEX-5
撮影地:モアルボアル(フィリピン)

拡大写真
Sony NEX-5
撮影地:モアルボアル(フィリピン)

拡大写真
Nikon 1 J1
撮影地:コモド(インドネシア)

Sony RX100M5
撮影地:グランドテール(ニューカレドニア)
一番上の写真は幼魚のもので、頭の鮮やかな青色のリングが特徴です。三番目の写真は成魚のもので成長すると背びれの斑点も青色のリングもなくなってしまいます。二番目の写真はだいぶ消えてきたところのものです。
一番上と二番目の写真はモアルボアルでのダイビングで撮影しました。幼魚というと、少しレアに感じると思いますが、モアルボアルでは普通に見かけました。
四番目(一番下)の写真はニューカレドニアで撮影したもので、この海域のローランドダムゼルは、他のものと体色が異なっていて3色になっています。別種なのでは?と思ってしまいますが、これでも同じ種とのことでした。
レモンスズメダイと少し似ていますが、こちらの方がずっと鮮やかです。
Fishbaseの英名をカタカナ読みしたローランズデモイゼルとしているサイトもあるようです。インドネシアの魚図鑑ではブルーヘッドダムゼルと記載されていましたが、ネット上の検索で見つかる主にアクアリストの間でブルーヘッドダムゼルと呼ばれる魚とは別のようです。