タテスジハタ
和名
Gracila albomarginata (Fowler & Bean, 1930)
学名
Chestnut grouper, Masked grouper
英名
スズキ目 - ハタ科 - タテスジハタ属
分類
インド洋、中・西部太平洋
分布
全長
拡大写真
Nikon 1 J1
撮影地:ランギロア(タヒチ)

拡大写真
Nikon 1 J4
撮影地:アイランドサファリ2(ダイブクルーズ-モルディブ)
目から頭にかけて黒い帯の模様があるのが特徴です。成魚は地味な体色ですが、幼魚はピンク色だったり、青色だったりとキレイな体色のようです。
日本では原則として、頭から尻尾の方向を縦と表すことになっていますが、この和名は泳いでいる状態で縦・横を表していますね。
英名のチェスナットは、馬の薄い茶色の毛色を表す言葉のようです。