ハナアイゴ
和名
Siganus argenteus (Quoy & Gaimard, 1825)
学名
Streamlined spinefoot
英名
スズキ目 - アイゴ科 - アイゴ属
分類
インド洋、紅海、中・西部太平洋
分布
全長
拡大写真
Canon PowerShot G10
撮影地:シャングリラ(モルディブ)
グループで見かけることが多いです。シャングリラでのシュノーケリングでの撮影です。他のアイゴと同様に警戒心が高く、なかなか撮影できませんでした。この写真は、ちょうど餌をついばんでいるときのものです。食事中は警戒心が低めになるようですね。
セダカハナアイゴと似ているようですが、インド洋に分布しているのは、このハナイアゴだけのようです。セダカハナアイゴの方が名前のとおり体高が高くなる(背が高い)ようです。