(ゴールデンラインドラビットフィッシュ)
和名
Siganus lineatus (Valenciennes, 1835)
学名
Goldlined rabbitfish, Golden-lined spinefoot
英名
スズキ目 - アイゴ科 - アイゴ属
分類
インド洋、中・西部太平洋
分布
全長
Nikon NIKONOS V
撮影地:ヤップ(ミクロネシア連邦)

拡大写真
Canon PowerShot G10
撮影地:シャングリラ(モルディブ)
最大で40cm程度になります。これまでに太平洋のヤップ、ラジャンパットと、インド洋のモルジブ(シャングリラ)で見たことがあります。ヤップの写真はダイビングでの撮影で、シャングリラはシュノーケリングでの撮影です。いずれも大きな群れを形成して、動き回っていました。ヤップのときには群れはあっという間に泳ぎ去っていってしまいましたが、シャングリラのときにはしばらく行ったりきたりしていました。シャングリラでは最初のシュノーケリングで見られたものの、その後は同じ場所に何度か行ってみましたが見られませんでした。常に移動しているようですね。
尾びれの付け根に黄色の斑点があるあたりゴマアイゴに似ていますが、模様が点々ではなくて少し繋がった線のようになっているところから区別できます。モルジブの方が、線のつながりが強くヤップのものと違いが見られます。モルジブの魚図鑑では、Siganus sp(Sri Lankan Rabbitfish)として別の種(亜種?)として紹介されていました。