モンガラカワハギ
和名
Balistoides conspicillum (Bloch & Schneider, 1801)
学名
Bigspotted triggerfish, Clown triggerfish
英名
フグ目 - モンガラカワハギ科 - モンガラカワハギ属
分類
インド洋、中・西部太平洋
分布
全長
拡大写真
Nikon NIKONOS V
撮影地:ビヤドゥ(モルディブ)

拡大写真
Nikon CoolPix 5900
撮影地:ビヤドゥ(モルディブ)

拡大写真
Canon PowerShot G10
撮影地:ブルーラグーン(ダイブクルーズ-モルディブ)
鑑賞魚として人気があります。ダイビングでは、数は多くはありませんが、いろいろなところで見ることができます。さほど警戒心は強くないので、撮影しやすい魚です。単独で泳いでいる場合がほとんどです。最大で50cm程度になるらしいのですが、私は20cm程度の個体しか見たことがありません。

中央の写真は若魚のものです。下の写真は幼魚のもので白い斑点が全体にありますが、成長するに従って、上部からは斑点がなくなります。