マンボウ
和名
Mola mola (Linnaeus, 1758)
学名
Ocean sunfish
英名
フグ目 - マンボウ科 - マンボウ属
分類
全海域
分布
全長
Nikon NIKONOS V
撮影地:バリ(インドネシア)
非常に特徴のある形をしています。サメに襲われたら、とても逃げれるようには思えないのですが、それでも最大で3mを超える大きさになります。どうやって逃げているのでしょう?
本州のダイビングでも見られるようですが、頻度はかなり低いようです。 インドネシアのバリでは7月~9月にかなりの確率で見ることができます。水温は低めを好むのか、バリで見かけたときにはいずれも水温は20℃程度でした。ゆっくりと近づくようにすれば、かなり近くまで寄ることができます。ただし撮影時にフラッシュを使うと、すぐに逃げてしまうみたいです。
ハタタテダイの群れがマンボウを全員でクリーニングしていたことがありましたから、マンボウには相当の寄生する生物がつくのでしょうね。ツノダシなどもクリーニングしていました。いろいろな魚がクリーニングするようです。場合によっては、水面に浮かんで鳥にクリーニングしてもらうこともあるそうです。

Image1