アラレキンチャクフグ
和名
Canthigaster solandri (Richardson, 1845)
学名
Spotted sharpnose puffer
英名
フグ目 - フグ科 - キタマクラ属
分類
インド洋、中・西部太平洋
分布
全長
拡大写真
Nikon CoolPix 5900
撮影地:サイパン(北マリアナ諸島)

拡大写真
Nikon CoolPix 5900
撮影地:ランギロア(タヒチ)

拡大写真
Canon PowerShot G10
撮影地:グアム
サイパン、グアム、ランギロアでは普通に見かけました。
以前はスポッテッドシャープノーズパファーとしていましたが、2005年に正式に和名がついたようです。一般的にはインドパシフィックトビーとも呼ばれているようです。
シボリキンチャクフグに似ていますが、こちらは斑点が尾ビレまであります。水色の斑点がかわいい魚です。
特に良く似ているのがパプアントビーでほとんど瓜二つです。こちらの方が分布が広いようで、タヒチ、グアム、沖縄ではこちらが分布しているようです。