イバラエイ
和名
Urogymnus asperrimus (Bloch & Schneider, 1801)
学名
Porcupine ray
英名
トビエイ目 - アカエイ科 - イバラエイ属
分類
インド洋、紅海、中・西部太平洋
分布
全長
拡大写真
Nikon 1 J1
撮影地:プララン島(セイシェル)

拡大写真
Nikon 1 J1
撮影地:プララン島(セイシェル)
セイシェルのプララン島でのダイビングで撮影しました。巨大なエイで、たくさんのコバンザメを従えていました。
体表に無数の棘があるのが特徴です。下の写真は目の付近を拡大したものですが、棘らしきものがたくさん写っているのがわかるかと思います。
日本では沖縄周辺で数匹が確認されたことがあるぐらいの稀種のようです。私もセイシェルでしか見たことがありません。
この無数の棘がある皮膚は、革製品として利用されることがあるようで、カイラギ(梅花皮)エイもしくはスタースティングレイとも呼ばれています。
英名のPorcupineはヤマアラシを意味します。