(インディアンミミックサージョンフィッシュ)
和名
Acanthurus tristis Randall, 1993
学名
Indian Ocean mimic surgeonfish
英名
スズキ目 - ニザダイ科 - クロハギ属
分類
インド洋
分布
全長
拡大写真
Canon PowerShot G10
撮影地:アイランドサファリ2(ダイブクルーズ-モルディブ)

拡大写真
Nikon 1 J4
撮影地:アイランドサファリ2(ダイブクルーズ-モルディブ)

拡大写真
Sony α6000
撮影地:スミラン&スリン(タイ)
目の周りが白くなっていることと、胸ビレの付け根付近の部分が黒いのが特徴です。また尾ビレ後端も白くなっています。
ただ中央の写真のように目の周りが黒くなっている個体もあるようで、この場合は胸ビレ付け根付近の黒い部分がわかりにくくなることがあります。
モルジブで何回か見かけたことがあります。アンダマン海(シミラン)でも見かけました。
英名のmimic[擬態]は、幼魚のときにエイブルズエンゼルフィッシュに擬態することからきています。実際に模様や色を忠実に擬態していてほとんど見分けがつかないぐらいです。違いは口の位置ぐらいで、エンゼルフィッシュは正面、サージョンフィッシュはちょっと下向きになっています。下の写真は幼魚のものです。
太平洋ではクログチニザが代わりに分布しています。