クログチニザ
和名
Acanthurus pyroferus Kittlitz, 1834
学名
Chocolate surgeonfish
英名
スズキ目 - ニザダイ科 - クロハギ属
分類
中・西部太平洋
分布
全長
拡大写真
Nikon CoolPix 5900
撮影地:ヤップ(ミクロネシア連邦)
目の下から口にかけて少し白くなっていることと、尾びれの端が黄色なのが特徴です。幼魚は体色が黄色できれいなため、撮影の対象となっていますが、成魚は地味なので注目を浴びることはほとんどないですね。
インド洋では、インディアンミミックサージョンフィッシュが代わりに分布しているようです。似ていますが、クログチニザは目の周囲が黒くなっています。