フタイロカエルウオ
和名
Ecsenius bicolor (Day, 1888)
学名
Bicolor blenny
英名
スズキ目 - イソギンポ科 - ニラミギンポ属
分類
インド洋、中・西部太平洋
分布
全長
拡大写真
Canon PowerShot G10
撮影地:アイランドサファリ2(ダイブクルーズ-モルディブ)

拡大写真
Canon PowerShot G10
撮影地:カパライ(マレーシア)
黒と黄色のツートンカラーが特徴です。ニラミギンポと似ていますが、こちらの方が黄色の部分が大きいです。あとニラミギンポはインド洋にはいないので、モルディブでツートンカラーを見かけたらフタイロカエルウオです。
警戒心は高めで近づくとすぐに穴の中に入ってしまうため、なかなか特徴であるツートンカラーの写真が撮れずにいましたが、このときは近づいても穴に入らないでいてくれました。なかなか特徴を現した写真を撮るというのは難しいですね。モルジブではよく見かけます。
ただ、この魚は体色がまったく違う個体もいて、下の写真のように上下でツートンカラーになっているものもいます。幼魚と成魚ならまだしも、ほとんど同じ大きさの成魚でここまで体色が異なるのも珍しいのではないでしょうか?
このツートンカラー版は、イエローアイドコムトゥースとよく似ています。