タテフエダイ
和名
Lutjanus vitta (Quoy & Gaimard, 1824)
学名
Brownstripe red snapper
英名
スズキ目 - フエダイ科 - フエダイ属
分類
インド洋、中・西部太平洋
分布
全長
拡大写真
Nikon 1 J4
撮影地:レンベ(インドネシア)
目を通過する茶色の線が特徴です。尾ビレ、尻ビレなどが黄色なのも特徴です。線の太さについては、大きな成魚になると写真のものよりも細い線になるようです。
ヨコスジフエダイと似ていますが、ヨコスジフエダイは線の途中に黒色の斑点があるところから区別できます。またヨコスジフエダイは日本近海でのみ見られるようなので、海外で見かけたらこちらと考えて良さそうです。
別の科のヒメタマガシラも目を通過する線があることと黄色の尾ビレということもあって似ています。