ソウシハギ
和名
Aluterus scriptus (Osbeck, 1765)
学名
Scrawled filefish
英名
フグ目 - カワハギ科 - ウスバハギ属
分類
全海域
分布
全長
拡大写真
Canon PowerShot G15
撮影地:カンドゥル(モルディブ)
最大で1m程度になる大型のカワハギです。水色の模様と、黒色の斑点が特徴です。このきれいな色彩から、もしこの魚がキンチャクダイの仲間だったら、さぞ人気があっただろうにと思ってしまいます。分布範囲が広くいろいろなところで見かけます。警戒心は低めで、気がつくと目の前を泳いでいたりします。シュノーケリングでも見ることができます。単独で見かけることが多いです。
ダイビングでは危険性のない魚ですが、パリトキシンという猛毒を内臓に持っているので、釣ったりしても絶対に食べてはいけません。パリトキシンはフグ毒として知られているテトロドトキシンの50倍以上の強さがあります。