(オーストラリアンカウノーズレイ)
和名
Rhinoptera neglecta Ogilby, 1912
学名
Australian cownose ray
英名
トビエイ目 - トビエイ科 - ウシバナトビエイ属
分類
オーストラリア近海 固有種
分布
全長
拡大写真
Nikon 1 J1
撮影地:サウスウエストロック(オーストラリア)
サウスウエストロックでのダイビングで撮影しました。浅いところを通過していきました。群れで見かけることが多いようですが、撮影したときには一匹だけでした。
ウシバナトビエイの仲間で、オーストラリア東海岸付近でしか見られない固有種です。顔にマダラトビエイのような尖ったところがなくてストンと切れ落ちているのが特徴です。
ちなみにカウノーズは牛(ウシ:Cow)の鼻(ハナ:Nose)を意味していて和名と意味が同じです。