ホソフエダイ
和名
Lutjanus biguttatu (Valenciennes, 1830)
学名
Two-spot snapper
英名
スズキ目 - フエダイ科 - フエダイ属
分類
インド洋、中・西部太平洋
分布
全長
Nikon NIKONOS V
撮影地:ビヤドゥ(モルディブ)

Canon PowerShot G10
撮影地:ブルーラグーン(ダイブクルーズ-モルディブ)
フエダイの仲間にしては、あまり大きくありません。かなり大きな群れを作ります。茶色の体色に太い白のラインが特徴で、判別は簡単です。
大きさといい、体型といい群れをつくるところといいクマザサハナムロなどのタカサゴ科に似ていますが、こちらはフエダイ科の魚です。
右側の下の写真(ブルーラグーンで撮影)は若魚のものです。背中辺りにある二つの白い斑点が特徴です。