イモトフエダイ
和名
Lutjanus madras (Valenciennes, 1831)
学名
Indian snapper
英名
スズキ目 - フエダイ科 - フエダイ属
分類
インド洋、中・西部太平洋
分布
全長
拡大写真
Canon PowerShot G10
撮影地:ブルーシャーク2(ダイブクルーズ-モルディブ)
モルジブで見かけたときにはヨスジフエダイの群れに混じっていました。大きさもほとんど同じぐらいでした。
目をとおる黄色の線など、キンセンフエダイととてもよく似ています。区別方法については、学術上は背ビレのトゲなどの数の違いなどがあるようなのですが、ダイバーがそれで区別するのは無理があります。図鑑やネット上でも区別方法についてはほとんど情報がないのですが、写真を見比べてみると胸ビレの色がイモトフエダイははっきりとした黄色(キンセンフエダイは透明に近い)という違いがあるようです。これまでにダイビングでみかけた感じでは、キンセンフエダイの方が体が一回り小さく、密集した大きな群れを作る傾向があるようです。
イモトフエダイは2010年に和名が登録されました。名前の由来は最初に採取した人にちなんでいるようです。ネット上では英名をカタカナ読みしたインディアンスナッパーで紹介されていることもあります。