(クラウンアネモネフィッシュ)
和名
Amphiprion percula (Lacepède, 1802)
学名
Orange clownfish, Eastern clown anemonefish
英名
スズキ目 - スズメダイ科 - クマノミ属
分類
中・西部太平洋
分布
全長
拡大写真
Nikon 1 J1
撮影地:ケアンズ(オーストラリア)
カクレクマノミと良く似ていますが、体の白色帯の縁に黒い線があるところから区別できます。
ただしカクレクマノミにも細い線があることがあり、またクラウンアネモネフィッシュについても黒い線がとても細い個体があるようで、この方法で確実に見分けられるというわけではないようです。
分布域が違うので、グレートバリアリーフで見られるのはこの種としてしまったほうが簡単かもしれません。
Fishbaseではオレンジクラウンフィッシュ、オーストラリアの魚図鑑ではイースタンクラウンと記載されていましたが、ダイビングではクラウンアネモネフィッシュと呼ばれることが多いので、ここではクラウンアネモネフィッシュとしています。
映画ニモに出てきたのは、カクレクマノミではなくてこちらのクラウンアネモネフィッシュと言われています。