ツマジロ
和名
Carcharhinus albimarginatus (Rüppell, 1837)
学名
Silvertip shark
英名
メジロザメ目 - メジロザメ科 - メジロザメ属
分類
インド洋、紅海、中・西部太平洋、東部太平洋
分布
全長
拡大写真
Nikon NIKONOS V
撮影地:ランギロア(タヒチ)
オグロメジロザメに似ていますが、ヒレの先端が白いことで見分けることが出来ます。オグロメジロザメよりは体が太く、一回りぐらいは大きくて迫力があります。最大で3m程度になります。分布は広いことになっていますが、生息域が深いらしく、タヒチ以外でダイビング中には見かけたことはありません。
ランギロアでは、アバトルパスでのシャークフィーディングで、このサメと会うことが出来ます。ティプタパス側にはいないようです。シャークフィーディングでは、このサメにかなり近づくことが出来ますが、体つきもがっしりしていて、かなりの迫力があります。ランギロアでは、ツムブリが体をこすり付けているシーンを何度か見かけました。ギンガメアジがオグロメジロザメに体をこすりつけるシーンを見たことも何度かありますが、どちらも食べられないんでしょうか?